フェリーで行く
小豆島ドライブ旅【後編】

フェリーで行く<br>小豆島ドライブ旅【後編】
小豆島の絶景スポットをドライブ

前編はこちら
2日目は小豆島内の様々な絶景スポットを巡りました。

 

<Day 2>

1.酒蔵が作るしっとりもっちりのコッペパン

朝ごはんに、まずはおいしいパンとコーヒーを手に入れる!と訪れたのはMORIKUNI BAKERY。小豆島唯一の酒蔵が作るコッペパンは、酒米の米粉や酒酵母を使用し、しっとり、もっちりとした食感が特徴です。ころんとした形がかわいらしく、どの味にするか迷っちゃう。「大吟醸酒かすあんこコメコッペ」と「日本酒クリームパン」をチョイス。イートインもできますが、せっかくなら小豆島の絶景スポットで朝ごはん!と、今回はテイクアウト。

MORIKUNI BAKERY
香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010-1 TEL:0879-62-9737

おいしいパンを手に入れたら、車を走らせて小豆島の絶景スポット四方指展望台へ。MORIKUNI BAKERYからは40分、と少し距離はありますが、特別な朝ごはんタイムを!

360度遮るもののない高台からの景色は、眼下には内海湾、天気の良い日には遠くに四国の山並みも一望することができます。大自然の中での朝ごはんは格別。のんびりとコッペパンを食べた後は、深呼吸しながら少しお散歩してみました。海も山もある、自然いっぱいの小豆島を堪能できます。

 

3.「中山千枚田」を楽しみながら小豆島ドライブ


提供:cubic-tt

四方展望台から次の目的地までは中山千枚田の景色を楽しみながらドライブ。秋には稲が輝きながら揺れる様を楽しめます。800枚を超える田んぼの景色は日本の棚田百選にも選ばれました。小豆島ならではの景色を楽しみながらのドライブ、とっても気持ちよかったです。秋には真っ赤な彼岸花が棚田を鮮やかに彩るそう。是非訪れてみてください。

 

4.山の中のセレクトショップ「うすけはれ」で特別な一品に出会う

「うすけはれ」は山の中にあるセレクトショップ。「日々のスパイスになる品は、一つ取り入れるだけで暮らしの風景ががらりと変わります」と店主。直接作家さんに会ってその魅力を感じた器や、意義に共感したプロダクト、瀬戸内にまつわる品を丁寧に選んでいるのだそう。店主のブランド「min.good」の革製品も取り扱っています。お店の方から一つひとつの品について聞きながら、ゆっくりとお気に入りを見つけるのが楽しい。


photo : tanio

併設のカフェでオリジナルブレンドのハーブティーやケーキも提供しています。ゆっくりと山の声を聞きながら過ごす時間は、お買い物以上の特別な時間になりました。


photo : tanio

うすけはれ
香川県小豆郡小豆島町中山131-1 TEL:090-8284-6171

 

5.「島活」で新鮮な魚介を楽しむランチ

うすけはれから車で20分ほどにある「島活」へ。ボリュームたっぷりのランチ5種類の中から、「島活コース」をいただきました。お造りと天ぷらがセットになったお得なランチコースです。

この日のお造りには小豆島産のマナガツオや鱧の湯引きが!おいしい旬のお魚をたっぷりいただけます。驚いたのは自家製ごま豆腐の天ぷら。わらび粉を使った特製のごま豆腐は、もちっとした食感と濃厚な味わいが印象的です。茶碗蒸しには小豆島ではお馴染みの「そうめんふし」(素麺を製造する際にできる副産物)が入っています。リーズナブルでボリュームたっぷりのランチは是非予約してくださいね!

島活
香川県小豆郡土庄町甲267 TEL:0879-62-3323

 

6.海の上に現れる、神秘的な「エンジェルロード」

島活から車で5分のエンジェルロードは、弁天島から大余島までの島々をつなぐ砂の道。1日に2回、干潮前後2時間だけ海の上に現れるこの道は、「ここで手をつないだ2人は将来結ばれる」といわれる恋人の聖地。透き通る海と、海を抜ける風が心地良いスポットです。引き潮の時間は日によって変化するので、必ず時間を確認してから訪れてくださいね。

弁天島の頂上まで石段を上り、「約束の丘展望台」まで来てみました。伸びやかなエンジェルロードを見渡せる、絶景スポットです。満潮から干潮になるタイミングで、道ができていく様子を眺めるのもおすすめ!

 

7.小豆島旅の締めくくり、お土産ショッピングを楽しもう!

エンジェルロードから車で10分の「井上誠耕園 mother’s」でお土産ショッピング!井上誠耕園は小豆島で親子三代続くオリーブ農家。種類豊富なオリーブオイルだけでなく、オリーブオイルを使った化粧品、オリーブの木を使った食器、ベーカリー…と幅広い商品が並び、どれにしようか迷っちゃう。お店の方に人気商品を教えてもらいながら、選んでみました。

お土産にぴったりなミニサイズのオリーブオイルやもちもち食感で人気の「生食パン」をお買い物。生食パンにはオリーブオイルに合うんだそう!ここでしか手に入らない練り香水や、季節限定品もおすすめです。車だから、お土産もたっぷり買えちゃいました。

井上誠耕園
香川県小豆郡小豆島町池田2352 TEL:0120-75-0213

 

8.車でたっぷり巡れた小豆島!大満足でフェリーへ。

たっぷりお買い物した後は、車で1分の池田港へ。


提供:cubic-tt

 

9.まとめ

今回は高松港~池田港(小豆島)を利用しましたが、小豆島にはなんと6つの港があるとか、岡山、日生、姫路、高松(3航路)から小豆島に行くことができます。翌日、岡山へ抜けて、小豆島縦断という旅行も企画しても面白そうですね。紅葉の寒霞渓、キャンプにハイキングと小豆島はコンテンツの宝庫。ぜひ小豆島へ行ってみてください!

※当記事の情報は2020年9月のものです。最新の情報は各店舗・施設にご確認ください。

国際両備フェリー
TOP